12:40 2021年07月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

コレステロールは、その値に異常があったとしても自覚症状が現われることはほとんどないが、コレステロール値の上昇は深刻な心臓の問題につながる可能性がある。学者たちは、アキレス腱の部位で病気の兆候の1つを認識することに成功した。英タブロイド紙デイリー・エクスプレスが報じた。

ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)の学者たちは、コレステロール(低比重リポ蛋白、LDL)が腱に「黄色みがかった沈着物」の蓄積を引き起こす可能性があることを明らかにした。

学者たちは「LDLは血液の流れに乗って運ばれ、腱、特にアキレス腱に付着し、大きくそして硬くなり、炎症を引き起こし」、これによって腱の構造的一体性が破壊され、腱の変化が顕著になると伝えている。

コレステロール値の高さは、年齢、体重、または高血圧や糖尿病などの病気と関係している可能性がある。コレステロール値を下げるためには、ライフスタイルや食事を変えることが必要となる。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント