09:02 2021年09月21日
米国
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国は、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチン約7000万回分について、製造ミスの問題に関連し、不合格品とする可能性がある。ニューヨーク・タイムズ(NYT)が、消息筋を引用して報じた。

先に、米東部ボルチモアにあるJ&Jの新型コロナウイルスワクチンを製造する工場で2つの新型コロナワクチンの成分を混合するミスが発生し、1500万回分のワクチンが使用できなくなったと報じられた。

政府筋によると、米食品医薬品局(FDA)は、ミスが発生したワクチンと同時に製造された別のワクチンにも、他のワクチンの成分が混ざった可能性を懸念している。FDAは、ボルチモア工場で製造されたJ&Jの約7000万回分のワクチンの使用について検討しているという。

NYTによると、EU、カナダ、南アフリカに到着したJ&Jの「疑わしい」ワクチンは合わせて600万~900万個。

先に、米国の薬事規制当局のFDAと米疾病予防管理センター(CDC)は、J&J製の新型コロナウイルスワクチンの使用一時停止勧告を解除した。FDAとCDCは、J&J製ワクチンの使用を再開すべきだと考え、ワクチンの安全性と有効性を確信していると発表した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント