13:15 2021年10月18日
国際
短縮 URL
0 101
でフォローする

ロシアはS-400高射砲ミサイル「トリウムフ」の2番目の大隊用供給を海路によって開始した。24日、軍事外交筋関係者からの情報をロシアのマスコミ各社が報じている。

S-400供給は契約に表示された期日より数か月も前に開始されている。

S-400の中国への少なくとも6の分隊の供給、総額30億ドル強がロシアとの間に結ばれたのは2014年。中国とのこの契約後、今度はトルコ、インド、サウジアラビアがS-400に関心を示し始めた。インド向けのS-400供給は2020年10月に開始される。トルコへの供給はすでに7月12日に開始された。

タグ
中国, S-400 「トリウームフ」
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント