08:15 2021年01月28日
国際
短縮 URL
筆者 :
2020年の話題を総括 (16)
0 60
でフォローする

2020年は、達成されたものとそうでなかったもの両方の予測の数が記録的なものになる年だった。新型コロナウイルスのパンデミックがあまりにも予想外に世界を覆い、誰もがこれに準備できず、その結果を緩和させることもできず、2019年に計画していたことの多くが2020年に完全に実現できないものになってしまった。しかしスプートニクは、どのようなトレンドや予測がこの1年で実現できたかを読者のみなさんに紹介する。


「2」の並びはパンデミックの前触れ?

2020年の初めを振り返ってみると、あまり注目されていなかったものの、2の数字がきれいに並ぶ日「2020年2月22日(22.02.2020)」がある。

この日についてネット上では今日、世界的な出来事が予想されていたという話が出回っている。その出来事とはパンデミックを指している。インターネットの専門家は、これらの暗い予言は中世の占星術師ノストラダムスやブルガリアの予言者ババ・ヴァンカに起因すると指摘している。

「全世界にとって最も危険な日とは、数字の2が5つそろう日」という予言の響きはいいが、世界がパンデミックのことを認識したのは2019年12月。2020年2月頃からパンデミックが我々の生活に直接影響を与え、初めてのロックダウンの導入のために各国が徐々に「閉めて」いったといっても過言ではないだろう。しかも2020年12月22日(22.12.2020は、同じく2が5つそろう日)には、何も異常なことは起きていないようだ。ということで、予言は置いておいて、より正確な物事の話に移ろう。


経済の動き

2019年から2020年に関する予測の第一人者は、サクソバンクであることは疑いようがない。

(同銀行は予測の発表を始めた2011年以降、その40%が当たっている)サクソバンクによる2020年の予測が実現した事柄は、以下のような信じがたい出来事だった。

  1. 米国大統領選で民主党が勝利する。(驚くべきことに、2020年初頭には民主党の勝利の可能性はそれほど高いものではなかった。米世論調査企業「ギャラップ」によると、トランプ氏の評価は2月に過去最高に達している。)
  2. スウェーデン・クローナの急騰(この現象は、スウェーデンの異常なパンデミック対策の影響によるもの)
  3. ドルの切り下げ(ドルが安値に「沈んだ」のは2018年3月以来)。

技術革新

今日では、技術の発展は当然のこととして受け止められている。スマートフォンは毎年アップグレードされ、米電気自動車メーカー「テスラ」では新たな動き、国際宇宙ステーションへのロケット打ち上げ。そう、SF小説を数多く世に出した作家ウェルズの作品に描かれている個人用の恒星船のような奇妙な機械は日常生活に登場していないが、2020年のテクノロジーは間違いなく予言者の予想を越えている。

そしてITと通信業界だけが、パンデミックの数ヶ月の間新たなレベルへと飛び立った。まず手始めに、オンラインサービスとアプリが進化した。これらは隔離期間中、人々にとってさらに身近な存在となった。

ロシアでは、人々は新しい「遠隔」技術の導入をかなり実感している。ロックダウンの当初から、食料品や必要なものを全て自宅にとどける大規模なシステムがロシアの主要都市で展開されてきたが、今ではそういったサービスを提供していないのは最も怠惰な企業だけ。ネット通販大手のアマゾンが同社の最高経営責任者ジェフ・ベゾフ氏にこんなとんでもない利益をもたらしているのだとすれば、なんと言えばいいのだろうか?

また、オンライン通話やビデオ会議を提供する米Zoomは、「コロナ時代」において通信業界で絶対的なリーダーとなった。オンライン会議なしの生活は、もはや想像できないものとなっている。

あとは、5G技術の開発に仮想通貨の進化。この2つは2020年に進化したということだけではなく、実際の生活で当たり前のものとなっている。


自然と気候

企業の営業規制、国境閉鎖、それに伴う景気の悪化。これらすべてが、我々一人一人の個人の予定を台無しにし、計画を変更せざるを得なくなった。

2020年の初めに願っていた唯一のポジティブなこととは、交通機関や産業を止めることで地球に与えた小さな安らぎだった。そう、新型コロナウイルスは地球上の生活を変更させている。しかし、中国を初め世界各国がロックダウン企業活動の一時停止を導入したのにもかかわらず、自然災害は増えている。研究者らは、自然災害の増加の原因は温暖化にあると指摘している。

トピック
2020年の話題を総括 (16)
タグ
経済, テクノ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント