13:36 2021年05月06日
国際
短縮 URL
0 10
でフォローする

英タブロイド紙「デイリー・ミラー」によると、エディンバラ公フィリップ王配の遺体はエリザベス女王の死後に再埋葬されるという。

同紙によると、エリザベス女王が亡くなるまでエディンバラ公の棺は聖ジョージ礼拝堂に保管される。葬儀日程は近いうちに発表される。

フィリップ殿下の遺体はエリザベス女王の死後、女王の隣に再埋葬される予定。

これより前、フィリップ殿下は国民行事などのない控えめな葬儀を希望していたことが報道された。王室メンバーや友人、英連邦の国々の首長のみが出席することを希望していたという。

エディンバラ公フィリップ王配は4月9日に99歳で死去。エリザベス女王に対してロシアのプーチン大統領、日本の菅首相などの世界の指導者が哀悼の意を表した。孫のヘンリー王子も葬儀に参列するという

関連ニュース

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント