07:39 2020年05月31日
経済
短縮 URL
106
でフォローする

トランプ米大統領は5日、ロシアとサウジアラビアが原油の協調減産で合意できない場合、両国から輸入する原油に対して「大規模な関税」を導入する考えを示した。時事通信が伝えた。

トランプ氏は記者会見で「原油価格の水準が変わらなければ」、大規模な関税を導入すると述べた。

原油価格は、ロシアとOPECプラス諸国が3月6日に協調減産に合意しなかったことを受けて、3月9日に大幅に下落しはじめた

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は原油価格下落の原因として、コロナウイルスの影響およびサウジアラビアがOPECプラス合意を放棄して増産を開始し、値下げをアピールしたことを挙げている。

プーチン大統領とノヴァク露エネルギー相は、石油市場は協調を求めており、ロシアの石油関係者はOPECプラスや米国などの他の産油国とともにそれに向かう用意があると発言した。プーチン大統領は、各国が1日1000万バレルの減産ができるのではないかと述べた。

関連ニュース

トランプ大統領がサウジ産石油に追加関税か

タグ
サウジアラビア, ロシア, 米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント