13:18 2020年11月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

ロシアのソユーズST-Aロケットは12月末、フランス領ギアナのクールー にある宇宙基地から打ち上げられ、NATO(北大西洋条約機構)加盟国フランスの利益のために軍事衛星CSO-2を軌道に投入する。ロシアのマスコミが、ロケット・宇宙産業の情報筋を引用して報じた。

情報筋によると、CSO-2を搭載したロケットの打ち上げは12月28日に予定されている。

当初、CSO-2を搭載したロケットの打ち上げは4月に予定されていたが、「フレガートMT」ロケット上段の問題と新型コロナウイルスによるクールー宇宙基地の閉鎖により、延期された。

先に、ロシアがバイコヌール宇宙基地に新たな打ち上げロケット「ソユーズ5」用の新しい打ち上げ施設を建設すると報じられた。

関連ニュース

タグ
ロシア, フランス, NATO, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント