05:25 2018年12月19日

トピック

社会

露日交流年

5月26日、モスクワのボリショイ劇場で日露交流年(ロシアにおける日本年、日本におけるロシア年)がスタートする。同交流年は2018年5月末から2019年5月まで続く。ロシアからは、ロシアバレエ界のスターたちや有名なミュージシャンが日本を訪れるほか、演劇や展覧会も開かれる。そしてもちろん、チェブラーシカも忘れてはならない!

交流年では文化のみならず、政治、経済、科学、安全保障、環境をテーマにした行事も開かれる。

「スプートニク日本」は、露日交流年のパートナーメディアとして最も興味深いイベントのニュース、参加者へのインタビュー、写真、動画レポートなどを読者の皆さんに提供しています。ハッシュタグを使ってコメント欄やSNSで「スプートニク日本」や「日本におけるロシア年」の感想を共有してください!

  • ソローキンの見た桜
    アップデート: 2018年11月24日 07:03
    2018年11月24日 07:03

    日露合作「ソローキンの見た桜」モスクワの日本映画祭で紹介:来場者から「歴史に残る映画」との声

    20日、モスクワ市内で第52回日本映画祭のオープニングセレモニーが行なわれ、今春日本で公開予定の日露合作映画「ソローキンの見た桜」(井上雅貴監督)が紹介された。この映画は、日露戦争時における愛媛県松山の捕虜収容所を舞台にした、ロシア人少尉と日本人女性との愛の物語で、「日露戦争時代のロミオとジュリエット」と副題がつけられている。会場は大入り満員で、階段まで隙間なく人で埋まり、モスクワにおける日本映画に対する関心の高さをうかがわせた。

    露日交流年
  • ハバロフスク
    アップデート: 2018年11月02日 10:24
    2018年11月02日 10:24

    新たな駐ハバロフスク日本総領事 経済関係、若者交流の強化へ

    ハバロフスクのセルゲイ・クラヴチュク市長は1日、在ハバロフスク日本総領事館に新たに赴任した福島正則総領事と会談を行った。福島総領事はハバロフスクと日本の諸都市の間の経済関係、若者の交流を強化することを提案した。ハバロフスク市役所が明らかにした。

    露日交流年
  • 「ずぼんぼ」 古川朋弥さんの作品
    アップデート: 2018年11月01日 22:10
    2018年11月01日 22:10

    「モスクワと東京をつなぐ」木版画~ロシアからこんにちは!【写真】

    モスクワで木版画展が開かれている。世界中で日本の浮世絵は高く評価されており、ロシアでもとても人気がある。だが木版画をつくったことがあるというロシア人はまだごくわずかだ。

    露日交流年
  • 日露メディアフォーラム
    アップデート: 2018年10月29日 23:27
    2018年10月29日 23:27

    日露メディアフォーラム、モスクワで初開催【写真】

    25日、通信社ロシア・セヴォードニャのプレスセンターにおいて、総務省およびロシアデジタル発展通信・マスコミ省の共催で日露メディアフォーラムが開催され、日露のメディア関係者が情報交換を行なった。マスコミ関係者を対象にしたフォーラムの開催は今回が初めてだ。

    露日交流年
  • ユーリー・トゥルトネフ副首相
    アップデート: 2018年10月26日 21:39
    2018年10月26日 21:39

    トルトネフ極東全権代表、東京と沖縄を訪問し、日本と極東の協力について協議へ

    ロシア連邦副首相兼極東連邦管区大統領全権代表のユーリ・トルトネフ氏が、10月29~31日に東京と沖縄を実務訪問し、日本の政府および経済界の代表者らと会談し、日本と極東地域の今後の協力について話し合う。極東連邦管区大統領全権代表の広報室が発表した。

    露日交流年
  • EAST BOUND ジャパンコンペティション
    アップデート: 2018年10月23日 07:01
    2018年10月23日 07:01

    高齢社会の日本に朗報:ニューロチャット、ピッチコンテストで優勝【写真】

    モスクワ郊外の学術研究都市スコルコヴォでオープンイノベーションフォーラムが開催され、その枠内で17日に行われたピッチコンテスト「EAST BOUND ジャパンコンペティション」で、麻痺患者の意思疎通を容易にする革新的発明「ニューロチャット」が優勝した。審査員を務めたのは日系企業の代表者らだ。

    露日交流年
  • ロシア映画祭
    アップデート: 2018年10月22日 23:45
    2018年10月22日 23:45

    東京で現代ロシア映画を無料で観られる映画祭が開催中

    ロシア映画祭㏌東京で2年連続、複数の映画館で最良の現代ロシア映画が上映される。今年のロシア映画祭のヘッドライナーは、ロシアの有名な俳優セルゲイ・べズルコフが主役を演じる 「天才バレエダンサーの皮肉な運命」。スプートニクは、映画祭で観るべき映画を紹介する。

    露日交流年
  • 浮世絵
    アップデート: 2018年10月19日 23:11
    2018年10月19日 23:11

    モスクワっ子、浮世絵の神髄を学ぶ【写真】

    モスクワで展覧会「江戸時代の絵画と版画の傑作」が開催中だ。すでに6万人以上が訪れた。展覧会と並行して、展覧会の開幕前に始まった大規模教育プログラムが行われている。開かれているのは日本の歴史・文化・芸術のレクチャーに加え、墨を使った日本画や書道のワークショップ。ロシアの日本文化ファンはこの数日、大サプライズを待っていた。浮世絵木版画の職人が、木版画技術のレクチャー2本を行ったのだ。うち1つにスプートニク特派員が訪れた。

    露日交流年
  • モスクワ文化の日
    アップデート: 2018年10月18日 21:05
    2018年10月18日 21:05

    壁ぬり絵、ブリヌイ祭、アニメ上映… モスクワ文化の日にあなたも急ぐべき5つの理由

    10月17日、18日の両日、東京ではモスクワ文化の日が行われている。会場となった赤坂サカス前の広場は、普段とは違うロシア風クレープ「ブリヌイ」の匂いやらロシア民謡のメロディーで溢れかえった。どうして、このイベントに絶対行くべき!なのか、その理由をスプートニク特派員が現地レポートでお届けする。

    露日交流年
  • 旧ソ宇宙飛行士のアンドリアン・ニコラエフ、ワレンチナ・テレシコワと佐藤栄作
    アップデート: 2018年10月18日 06:06
    2018年10月18日 06:06

    戦争から協力へ モスクワで露日関係史の展示がオープン【写真】

    17日、モスクワで「日露関係。歴史を写真で」展がオープンした。展覧会は露日交流年に一環で、両国が共に力を合わせて準備した。場所にはモスクワ中心部にあるリュミエール兄弟記念写真センターが選ばれた。

    露日交流年
  • 「エトノスカスキ(民話)」
    アップデート: 2018年10月17日 20:20
    2018年10月17日 20:20

    ロシア人の女の子たちが見せる花咲じいさん

    人間の道徳観は子どもの頃に形作られ、なかでも善と悪、臆病と勇気、強欲と気前の良さ、怠け者と働き者、無慈悲と思いやりが対置されるおとぎ話が大きな役割を担っていることは、よく知られている。この点で、先人の知恵を蓄積したおとぎ話には、ごく自然な学習のツールとして、真に魔術のような力が宿っている。これは万国のおとぎ話に共通する特徴だ。

    露日交流年
  • ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛ーアイヴァゾフスキーからレーピンまで
    アップデート: 2018年10月05日 22:05
    2018年10月05日 22:05

    東京にロシアの伝説的名画「第九の波」がやってきた

    東京富士美術館で10月5日、国立ロシア美術館の所蔵品から40点を選んだ展覧会の開会式が行われた。7日から「ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛ー愛ヴァゾフスキーからレーピンまで」は開催され、19世紀後半のロシア絵画の至宝を味わえる。目玉となる作品はイヴァン・アイヴァゾフスキー作「第九の波」だ。

    露日交流年
  • 対馬沖海戦
    アップデート: 2018年10月05日 00:13
    2018年10月05日 00:13

    敵国兵を救った人類愛、絵本に:日露友好のシンボル、イルティッシュ号【写真】

    日露戦争の最中だった1905年5月28日、島根県江津市の和木真島沖で遭難したロシアのバルティック艦隊「イルティッシュ号」の乗組員265人を、地元・和木の住民が救助した。海が荒れる中、敵国兵を命がけで救ったというエピソードは、これまでも紙芝居や小説、劇などを通して地域に伝えられてきた。今年、このストーリーが初めて絵本になり、日本とロシアの友好に役立てようという動きが活発になっている。

    露日交流年
  • 女性とロボット
    アップデート: 2018年10月02日 05:56
    2018年10月02日 05:56

    産業ロボットとAI 露日が望む提携分野は?

    2018年10月18、19両日、在東京ロシア大使館で露日フォーラム「教育・科学・ロシア語分野における露日協力のアクチュアルな諸問題」が開かれる。2日間で大学、学術コミュニティ、教育省からの代表が重要な諸問題を討議し、積み重ねた経験を共有する。

    露日交流年
  • 舞踏会
    アップデート: 2018年09月19日 22:33
    2018年09月19日 22:33

    日本におけるロシア舞踏会とロシア文化フェスティバルは、ロシア人と日本人の共創活動の実り【写真】

    今秋、ロンドンで6回目となるロシア舞踏会が開催される予定だったが、中止になった。その理由は、舞踏会に参加する複数の人々にとって英国のビザを取得するのが困難だからだ。ロシア舞踏会に初めて参加する若い女性たちは、家族と一緒に舞踏会に訪れるのが通例だ。そのため家族の誰かがビザ発給拒否になった場合、家族全員が渡航を中止するケースがほとんどだ。なおロシア舞踏会の主催者エリザベス・スマギン=メローニさんによると、問題はビザだけではなく、概して、英国とロシアの関係悪化だという。

    露日交流年
  • 松竹大歌舞伎
    アップデート: 2018年09月10日 23:00
    2018年09月10日 23:00

    モスクワで歌舞伎 初のソ連公演から90年【写真】

    モスクワで9日、「松竹大歌舞伎 近松座訪露公演」の初日が行われた。公演はモスクワで9月15日まで、サンクトペテルブルクで9月19日から22日まで行われ、近松門左衛門の『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』と『吉野山』が上演される。

    露日交流年
  • 写真展「レンズの中のロシア」
    アップデート: 2018年08月29日 22:00
    2018年08月29日 22:00

    写真展「レンズの奥のロシア」東京で開催:謎の国ロシアの日常風景とオールドレンズの魅力を紹介【写真】

    9月15日から東京・赤坂のギャラリーで、日本におけるロシア年を記念した写真展「レンズの奥のロシア」が開催される。写真展では、ロシアに魅せられた写真家が撮影した、ロシアの生活に深く根ざした作品と、約50点にも及ぶソ連・ロシアのオールドレンズ・カメラが展示される。

    露日交流年
  • 古海行子さん
    アップデート: 2018年08月28日 00:16
    2018年08月28日 00:16

    「ロシアン・ピアノスクール㏌東京」モスクワ音楽院の教師は日本の音楽家にどんなアドバイスをしたのか?

    8月12日から19日まで、モスクワ・チャイコフスキー音楽院の教師が日本の音大生向けに一連のマスタークラスを行った。ロシアの音楽教師のアドバイスを得ることができたのは、特に成績がよく才能に恵まれた若き音楽家だけである。スプートニクはそうした授業のひとつを訪れ、ロシアと日本のピアノ学校はどう違うのか、日本の音楽家の長所と短所は何なのかを学生と教師に聞いた。

    露日交流年
  • 中央芸術家会館(モスクワ、アーカイブ写真)
    アップデート: 2018年08月17日 13:03
    2018年08月17日 13:03

    根付の最大級の展覧会、モスクワで開催へ

    ロシアアンティークサロンは、中央芸術家会館(モスクワ)で10月20〜28日、日本のミニチュア彫刻、根付の最大級の展示を行う。ロシア文科省が16日、発表した。

    露日交流年
  • 武道フェスティバル「ロシアの翼」
    アップデート: 2018年08月15日 00:09
    2018年08月15日 00:09

    ロシア人の剣道に対する情熱が燃える!武道の祭典「ロシアの翼」開催【写真】

    10日、モスクワ郊外の町バラシハで、ロシア航空宇宙軍創設記念日にあわせた武道フェスティバル「ロシアの翼」が開催された。柔道や合気道、空手、居合道など武道クラブで学ぶ人々や現役の軍人が、日頃の鍛錬の成果を披露した。日露合同コンサートも行なわれ、会場は大勢の市民や退役軍人で賑わった。特別ゲストとして日本から13名の剣道家が参加し、パフォーマンスを披露した。

    露日交流年