23:16 2019年11月15日
トピック
災害・事故・事件

ポスト・チェルノブイリの時代 世界を永遠に変えたカタストロフィー

ソ連時代の末期の1986年4月26日、チェルノブイリ原発4号機が爆発。放射能汚染が広がった20万平方キロ以上の面積の70%がウクライナ、ベラルーシ、ロシア領だった。プリピャチ市など原発に一番近い数か所の都市からは住民全員が避難させられ、そして永遠に戻ることはできなかった。


原発事故後、半径30キロ以内は完全に立ち入りが禁止され、厳しい管制がしかれた。禁止区域へ立ち入りが行われるのはウクライナ政府が公式的に許可した時のみ。次第に瓦解していく石棺にはさらにそれを覆う「新たな安全カバー」がかけられた。

チェルノブイリ原発事故は人類にあまりにも大きなショックを与えた。これは原子力エネルギーを使用する際にこれだけ破壊的な結果を招くことをまざまざと見せつけた。この惨劇が私たちには、それが繰り返されることのないよう、原子力発電所の安全技術が永遠に見直され、さらに新たな技術の開発がおこなわれている。


あれから30年。チェルノブイリ原発事故への関心は薄れることはない。多くの科学調査が行われ、『チェルノブイリ』と題された映画が撮影され、話題を呼んでいることがそれを物語っている。